清隆 学生時代に言われたこと - スポンサー広告未分類

rewrite愛好会

ポケモンとかヴァイスとかポケカのブログにしたいなー
rewrite愛好会 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  学生時代に言われたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生時代に言われたこと

主体性がない。
中学は親戚に合わせて勉強して、大学受験も周りに合わせて勉強して、ゼミも教授に憧れて選んだので当然といえば当然ですね。ポケモンとかヴァイスは勧められて始めたけど、進めた本人より嵌ってしまったので凝り性ではあるのかもしれません。

人に興味がない。
中学2年生くらいまでは他人とか意識すらしていまなかったので、それが響いてる気がします。好きな人は好きだし、友人が何を考えているのかは?今何をしているのか?は気になります。それ以外の人の考えていることに興味を持とうとはしているのですが自分でも何か違うなと思っています。興味がないようにみえるってことは、奥底ではどうでもいいと思ってるのかもしれません。

常に緊張している。
内弁慶です。嫌われないかや危害を加えられないかなど周囲を警戒してしまい完全にリラックスできる人は少ないです。

普通の人達が当たり前に送っている普通の生活が羨ましくて眩しいので日常生活は下から目線で送っていると思います。普段の生活でも趣味もあるし、友人と遊んで楽しんでいるのです。ただ、自分が生きている間に到達出来ればいいなと思ってるところに、普通にいて加えて何かしようとしていることに劣等感を抱いてしまっています。何かしたいと思いながらもしなかった、またはしたとしても普通の人視点では何もしていない状況になってしまった気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。